4912 ライオンの株主優待とクロス取引・確保時期

スポンサーリンク
ライオンの株主優待品 12月優待

今回は 12月末日権利確定、4912 ライオンの株主優待について紹介します。

具体的には、優待内容やクロス取引の推奨度・難易度、一般信用の在庫状況などについて報告します。

【総評】
4912 ライオン
優待魅力度:B
クロス取引 魅力度:B or C
一般クロス難易度:easy (容易)
逆日歩リスク:middle

4912 ライオンの優待内容

優待内容
(100株以上)
権利確定日必要投資金額
(100株)
優待利回り
自社新製品
紹介セット
12月末日149,000円1.34%
※投資金額、利回りは執筆時点の数字となります。

優待魅力度:B

100株以上で、ライオンの新製品を中心とした自社製品詰め合わせセットがもらえます。

21年12月の優待品紹介

21年12月の優待品

21年12月の優待品

21年12月の例を紹介します。

  • 歯磨き粉
  • ハブラシ
  • 消毒ジェル
  • 洗濯洗剤
  • 柔軟剤
  • 台所用洗剤

優待品は上記の全6点。3月初めに届きました。誰もが使う日用品なので、家計の節約に役立ちますね。

企業の優待紹介ページ

クロス取引について

クロス取引 魅力度B or C

セット内容を2,000円相当とすると、優待利回りは1.34%と比較的高くなります。

特定の商品を選べるわけではないので、人によってはあまり魅力を感じないかもしれません。

一般信用取引を使う場合

在庫入手easy(容易)

過去の在庫状況

Chart by Visualizer
(※SMBC日興証券。筆者確認時点での数量となります)

21年12月の場合は、権利付き最終日直前でも、一般信用在庫がある状態でした。

確保時期の目安

21年12月と同一の傾向とすると、最終日が近くなってから確保しても、間に合いそうです。

【注意事項】
上記は、過去の傾向と同一に変化すると仮定した場合の、確保時期となります。

一般信用在庫の需給バランスが大きく変化した場合など、現実にはこの通りにならないことも当然あります。

本予測については、前提について十分理解の上、あくまで参考情報としてご活用ください。
クロス時期の最終判断は、ご自身の責任で行ってください。
(当方では一切の責任を負いかねます)

制度信用取引を使う場合

逆日歩のリスク: middle(普通)

20年に200円の逆日歩を生じています。

一般信用でも入手容易なので、あえて制度信用取引を使うメリットはあまりありません。

逆日歩(円)
13年12月末35
14年12月末60
15年12月末25
16年12月末25
17年12月末0
18年12月末105
19年12月末35
20年12月末200
21年12月末0
※逆日歩は100株あたり、日数あたりの値

どんな会社?

LION | ライオン株式会社
ライオン株式会社のコーポレートサイトです。企業活動をはじめ、採用情報、先進的な研究、製品情報、CM、経営ビジョン、環境に対する取り組み・株主投資家・今日を愛するに込めた想い、キャンペーン情報などがご覧になれます。

最後に、ライオンがどんな会社か紹介したいと思います。

ご存じのとおり、歯ブラシ、洗剤などの商品を販売するメーカーです。

歯ブラシは国内首位、トイレ用品では国内3位のシェアとなっています。また、『バファリン』シリーズなどの医薬品も取り扱っています。

近年では、中国を中心にアジア圏での販売力強化にも取り組んでいます。

タイトルとURLをコピーしました