8385 伊予銀行の株主優待とクロス取引・信用在庫の推移

スポンサーリンク
3月優待
画像はイメージです

今回は 3月末日権利確定、8385 伊予銀行の株主優待について紹介します。

具体的には、優待内容やクロス取引の推奨度・難易度、一般信用の在庫状況などについて報告します。

【総評】
8385 伊予銀行
優待魅力度:B
クロス取引 魅力度:B
一般クロス難易度:easy (容易)
逆日歩リスク:middle

伊予銀行の優待内容

優待内容
(1000株)
権利確定日必要投資金額
(100株)
優待利回り
カタログギフト
5,000円相当など
3月末日
611,000円0.82%
※投資金額、利回りは執筆時点の数字となります。

優待魅力度:B

100株以上1,000株未満の場合

今治産のタオルがもらえます。

1,000株以上の場合

1,000株以上の場合は、保有株数に応じて、下記1~3のうちから1つ選択となります。

1.ギフトカタログ

  • 1,000株以上:5,000円相当
  • 5,000株以上:10,000円相当

カタログの内容は『愛媛県特産品』または『TUBASAアライアンス共同企画特産品』となります。

後者はTSUBASAアライアンスに参加する地方銀行5行(千葉銀行、第四北越銀行、中国銀行、東邦銀行、群馬銀行)の地元特産品を掲載したカタログとなります。

2.株主優待定期預金

預入期間:1年のみ
適用利率:スーパー定期1年物の店頭表示利率+年0.50%
取扱店舗:国内全営業店

  • 1,000株以上:1口10万円以上100万円以下
  • 5,000株以上:1口10万円以上200万円以下

3.日本赤十字社への寄付

  • 1,000株以上:寄付額5,000円
  • 5,000株以上:寄付額10,000円

企業の優待紹介ページ

クロス取引について

クロス取引 魅力度B

優待利回りは高めです。

ギフトが欲しい場合は、必要投資金額が60万円程度と、ややまとまった金額が必要となります。

一般信用取引を使う場合

一般クロス難易度easy(容易)

過去の在庫状況

22年3月の場合

Chart by Visualizer
(※SMBC日興証券。筆者確認時点での数量となります)

22年3月の場合は、最終日前日でも在庫がある状態でした。

制度信用取引を使う場合

逆日歩のリスク: middle(普通)

ここ数年は100円台の逆日歩を生じています。

カタログギフト狙いの場合は1,000株なので、1日あたり1,000円台の逆日歩となります。

一般信用での取引も難しくない銘柄なので、制度信用取引は避けたほうが無難かも。

 逆日歩(円)
13年3月末日45
14年3月末日80
15年3月末日10
16年3月末日0
17年3月末日90
18年3月末日15
19年3月末日0
20年3月末日110
21年3月末日110
22年3月末日125
※逆日歩は100株あたり、日数あたりの値

どんな会社?

伊予銀行
伊予銀行のホームページです。住宅ローン、外貨預金、投資信託等の各種商品・サービスのご紹介等を掲載しています。また、インターネットバンキングでは、残高照会や振込の他、定期預金のお預け入れにもご利用いただけます。

最後に、伊予銀行がどんな会社か紹介したいと思います。

愛媛から瀬戸内海エリアにかけて展開している地方銀行。

資金量は四国で1番となっています。中小企業と個人を取引主体としている企業です。

タイトルとURLをコピーしました