9142 九州旅客鉄道の株主優待とクロス取引・一般信用在庫の推移

スポンサーリンク
3月優待

今回は 3月末日権利確定、9142 九州旅客鉄道の株主優待について紹介します。

具体的には、優待内容やクロス取引の推奨度・難易度、一般信用の在庫状況などについて報告します。

【総評】
9142 九州旅客鉄道
優待魅力度:B
クロス取引 魅力度:B
一般クロス難易度:easy (容易)
逆日歩リスク:middle

九州旅客鉄道の優待内容

優待内容
(100株)
権利確定日必要投資金額
(100株)
優待利回り
鉄道株主優待券
1枚など
3月末日

257,300円0.96%
※投資金額、利回りは執筆時点の数字となります。

優待魅力度:B

九州旅客鉄道の株主優待

JR九州の優待内容は以下の3つの内容となっています。

1.鉄道株主優待券

鉄道株主優待券は、片道の運賃と料金(特急券・グリーン券・指定席券)が5割引となります。

配布枚数は以下の通り

  • 100株以上:100株毎に1枚
  • 1,000株以上:10枚+1,000株超過分200株ごとに1枚
  • 10,000株以上:55枚+10,000株超過分300株ごとに1枚
  • 20,000株以上:100枚

2.JR九州グループ株主優待券

JR九州グループの各利用施設で、現金と同じように使える優待券です。

100株以上保有の株主は、一律2,500円相当もらえます。

3.JR九州高速船株主優待割引券

福岡~釜山間を運航する高速船「クイーンビートル」のスタンダードクラス1名分の往復が特別割引運賃となります。

100株以上保有の株主は、一律1枚もらえます。

長期保有株主優待制度

500株以上を、継続保有3年以上すると上記1~3の優待に加えて以下の内容が加算されます。

500株以上:鉄道株主優待券1枚+グループ株主優待券1,000円分

1,000株以上:鉄道株主優待券2枚+グループ株主優待券2,000円分

「継続して3年以上保有」とは、毎年3月31日及び9月30日を基準日とする株主名簿に、同一の株主番号で連続して7回以上記載または記録された株主。

企業の優待紹介ページ

クロス取引について

クロス取引 魅力度B

九州在住の方、仕事やプライベートで九州方面に行くことがある方にとって、魅力的な優待です。

一般信用取引を使う場合

一般クロス難易度easy(容易)

過去の在庫状況

22年3月の場合

Chart by Visualizer
(※SMBC日興証券。筆者確認時点での数量となります)

22年3月の場合は、最終日の前日でも在庫がある状態でした。

制度信用取引を使う場合

逆日歩のリスク: middle(普通)

ここ数年は0~715円と幅広い範囲の逆日歩となっています。

一般信用取引が容易な銘柄なので、制度信用取引はできれば避けたほうが無難でしょう。

逆日歩(円)
13年3月末日0
14年3月末日0
15年3月末日0
16年3月末日0
17年3月末日570
18年3月末日0
19年3月末日420
20年3月末日715
21年3月末日0
22年3月末日0
※逆日歩は100株あたり、日数あたりの値

どんな会社?

九州旅客鉄道株式会社
JR九州の公式サイト。列車の運行・時刻表・駅の情報や、おすすめ列車の旅情報をご案内。企業・IR・採用情報もご覧いただけます。

最後に、九州旅客鉄道がどんな会社か紹介したいと思います。

いわゆるJR九州。九州新幹線を始めとする九州での鉄道事業を行っています。鉄道では観光列車に力を入れています。

鉄道事業以外の多角化に積極的で、不動産業や流通・外食業の比重が高いのが特長です。

タイトルとURLをコピーしました